お問い合わせ

ニクニの強み

渦流ポンプ国内シェア No.1

ニクニは「渦流ポンプ(カスケードポンプ)」で、国内で圧倒的なシェアを持つリーディングカンパニーです。渦流ポンプは半導体や、液晶、電気、電子などあらゆる産業プロセスで使用されています。また、渦流ポンプだけに留まらず、うず巻ポンプ、ダイヤフラムポンプ、真空ポンプ、ろ過装置、脱気装置なども幅広くラインナップしており、お客様のご要望に広く応えることができます。

ポンプにとどまらずあらゆる装置をラインナップ!
 

光学機器で培った「精密加工・組立技術」

ニクニは創業以来一貫して非常に高い精度が求められる光学機器などの超精密機械部品の加工を手掛けております。その高度な加工・組立技術はノウハウとして蓄積され通常では考えられない精度の製品を生み出すコアとなっています。産業に深くかかわるからこそ、重要となる信頼性と耐久性の高いものづくりを安定してご提供します。

ポンプにここまでの高い加工精度を求めているのはニクニだけ!
 

新技術を生み出す弛まぬ挑戦

新たな技術は産業の発展を支え、人々の生活を豊かにします。
その新技術を生み出し続けることこそメーカーの使命だと私たちは考え、渦流タービンポンプを元にした新技術、さらに全く新しい技術開発に取り組んでいます。
一例として渦流タービンポンプを応用した気体と液体を混合するミキシング技術を独自の技術として確立しました。マイクロバブル発生装置をはじめとする様々な装置に発展し、今までは不可能だったことを実現しています。流体技術のプロフェッショナルの未来にご期待ください。

「困ったらニクニに相談すれば実現できる」と言っていただける会社へ
 
 
あらゆる分野で日本の産業を支えています

「ポンプはどんなもの?」

皆様はポンプといってどのようなイメージをもっているでしょうか?
灯油を移し替えすポンプ、水槽に使用されるフィルター循環用ポンプ、シャンプーのフタ、自転車の空気入れ等をイメージされる事が多いのではないでしょうか?
ポンプとは基本的に液体を吸い上げたり押し上げたりして低い位置から高い位置へ移送する機械の総称です。
様々な種類が存在し、様々な場面で使用されています。

あなたの身近な所でも活躍しています

ポンプは見えない場所でたくさん活躍しています。

ポンプは装置、設備の心臓部として使用されるケースがほとんどです。
信頼性が重視される機械装置の心臓部として、役割を果たすことがポンプの使命です。
 


創立100周年に向けたニクニの取り組み

ページの先頭へ戻る